事例紹介

CASE

木材、住宅などの建材・住宅メーカーG社

お客様情報

従業員数1,001~5,000名
事業内容木材、住宅などの建材・住宅メーカー
採用人数(実施当時)250名
ご相談内容・お悩み採用活動が属人的になっている・採用競合とのバッティングに勝てない
実施サービス採用ノウハウ提供

採用ノウハウ提供

リクルーター制度強化のためのハンドブックを作成。リクルーター面談の進め方や学生の選考フェーズに合わせたアプローチ方法などを細かく表記。また、業界の異なる競合他社が多かったことから、自社の強みや各競合に対する対策などを組み込み差別化ポイントを明確化

G社では人事が3年毎に異動となるため、採用担当の方のノウハウが社内に蓄積されておらず、属人的な採用になっていることに悩んでいらっしゃいました。また、ブランド力がある競合他社に勝てないという悩みもお持ちでした。

そこで私たちは、採用担当者のノウハウをインタビューなどを通じておうかがいし、どこが暗黙知(形式化されていないノウハウ)になっているのかを特定しました。そして、特定した内容に基づいて今後の採用担当者に必要なノウハウを引き継ぐためのリクルーターハンドブックを制作いたしました。具体的には、リクルーター面談における内定付与前・内定付与後・内定承諾後などの学生の状況に合わせた接し方や、学生の志向性に合わせた自社の魅力の伝え方などをハンドブックに盛り込みました。また、頻繁にバッティングする企業は異業種が多く、一概に差別化できないことから、頻繁にバッティングする企業ごとに差別化ポイントを洗い出し、ハンドブックの内容に組み込みました。

結果、誰がどの学生のリクルーターになっても、G社の魅力や独自性を伝えられるハンドブックが完成し、人事担当者が変わった後も採用成功に至る仕組みを構築することができました。

担当者:河本

担当者のコメント

G社とのお仕事で感じたのは「仕組み化・言語化の重要性」です。
優秀な人が人事にいれば採用がうまくいくが、異動したら危ない。
そういうリスクを持っている企業は多いと思います。
だからこそ、採用成功の仕組み化・言語化は数年後を考えたときにとても重要です。

事例紹介 CASE STUDY

事例紹介一覧

お問い合わせ CONTACT

ご契約、ご相談、採用、プレスリリース等に
関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ