ブログ

BLOG

新しい組織のあり方②

その他

 

社長の皆様、世にいう「働き方改革」進んでいらっしゃいますか?

 

 

 

みなさん、こんにちは。シーズアンドグロース代表の河本です。

「働き方改革は長時間労働=悪」という風潮がありますが

本当の意味としては生産性向上ということです。

 

これからの企業が生き残るべき道は

残業ありきではない形で生産性をどう高め、社員への還元率を高められるかだと思います。

 

そうすることが社員が満足し、心身とも健康で、パフォーマンスが高まります。

生産性が高まり、定時で帰ることで自分のことに投資できる時間が増えたり、

家族と増やす時間が増えたりで心身とも健康になります。

どこか家庭に問題があったり、自分自身残業ばかりで寝不足な状況だと

パフォーマンスは間違いなく落ちます。

 

 

今までの組織の在り方

 

〇業績向上のためにはお客様の要望に応えるべき

⇒無理難題においても要望に応えるために残業・休日出勤が増える

 

〇内製化・ワンストップにこだわることがコスト削減につながる

⇒原価はなるべく少ない方が良い

 

〇未熟な社員は時間でカバーするしかない

⇒残業が必然的に増える

 

 

つまり、自社とお客様という2軸が中心の考え方です。

もちろん顧客の課題解決や要望実現のためのビジネスであることは事実ですが、

そのために無理をして社員に長時間労働を強いったり、

短納期案件による休日出勤前提ではこれからの時代は厳しくなります。

これからは自社とお客様という2軸ではなく、社会にあるリソースをどう活用するのかという

3軸が重要になってくると思います。

 

 

そして、これからの組織は以下になると思っています。

 

 

これからの組織の在り方

 

〇お客様と議論し、期待値調整を行うことで納期やコストの問題は解決できる

⇒無理難題を受け入れるのではなく、期待値調整をするための交渉が重要となる

 

〇自動化もしくはパートナーなどの外部リソースを有効に活用する

⇒メーカーの場合は人に頼らない自動化、それ以外の業種の場合多様な働き方がある中での
フリーランス・子育て中のママさんなどを活用することで
原価はかかるが、大きな売上を少人数で実現することが出来る。
さらに、社員の労働時間は短縮される。

 

〇仕事の進め方・やり方を標準化・仕組み化する

⇒気合と根性ではなく、背中を見て覚えるというのも今の時代には合わなくなってきている。
だからこそ、経験が必要な仕事ほど仕事の進め方・やり方を標準化し、
誰でも早くできるようにする工夫が必要である。

 

 

我々コンサルティングは属人的と言われるビジネスですが、

まさにこれからの組織のあり方を実験的に行い、半年という短期間のうちに

残業がゼロになり、5人で15人分の生産性になりました。

やり方を変えるのは怖いことですが、自分の中にある常識を疑い、

外部リソースの活用を積極的に行い、やり方を仕組み化することで

社内が元気になり、業績も向上します。

 

6月27日発刊の日経トップリーダー7月号に、

今回のブログテーマでもある”新しい組織のあり方”について

自身の経験談を交えて、お話させていただいております。

そちらも併せてご覧いただければ嬉しいです。

 

書籍購入はコチラ

 


記事一覧

無料相談 CONSULTATION

採用・育成など組織に関するお悩みをお持ちの方対象に
 無料にてご相談を承ります
ご相談はこちらから

無料相談