ブログ

BLOG

<書籍出版記念②>理念・ビジョンに込められた想いを社員全員が語れますか?

その他

 

みなさん、こんにちは。シーズアンドグロース代表の河本です。

4月26日の書籍出版に関連したブログ、2回目は「会社の理念・ビジョン」についてです。

 

 

会社にとって理念・ビジョンとは必要なものでしょうか?

そもそも理念・ビジョンとは何なのでしょうか?

 

 

本来、理念というものは不変的なものであり、会社のスタートを示すべきもの。

そして、ビジョンというものは可変的なものであり、会社の途中目標を示すべきものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

結論ですが、理念・ビジョンは企業にとって必ず必要です。

 

では、なぜ理念・ビジョンが必要なのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

それは、昔と今では事情が変わるように思います。

 

昔は組織を1枚岩にするために会社の存在価値である理念・目標であるビジョンを確立し、

どこまで浸透できるかが鍵でした。

浸透度こそが組織の強さをはかれる指標だったとも言えます。

つまり、理念・ビジョンを暗記し、唱和することで1枚岩にする軍隊的な組織が強かったと言えます。

 

しかし、今は終身雇用が崩れ、働き方も多様化し、

さらに少子高齢化・労働人口減少の問題から人不足の企業も存在しています。

その中では「お金を稼ぐ手段≠仕事」となるケースも多く、

「お金を稼ぐだけではない価値」を従業員は会社へ求めてきます。

 

目に見える報酬である給与や労働時間、休日数はもちろん大切です。

ただ、目に見えない報酬である「感謝」「貢献実感」を従業員が感じやすい環境整備こそが、

多様性の時代の中で従業員が自らの意志で会社に属し、求職者が応募してくる会社になる道なのです。

 

 

つまり、「感謝」「貢献実感」を従業員が感じやすい環境整備こそ経営者の役割なのです。

 

 

理念・ビジョンは暗記すればよいものではなく、

現場において定期的に「会社に属してよかった」と思える実感値フレーズであるべきです。

そして社員が理念・ビジョンに込められた想いを語り、体現してこそ

顧客からの「感謝」や「貢献実感」を感じやすくなるといった好循環が生まれるのです。

 

同じ業界の企業においても理念・ビジョンは必ず異なります。

すなわち、それだけ自社には他社には真似できない固有の価値観が存在し続けているのです。

そこから目を背けず、嘘偽りのない気持ちで従業員に働いてもらうことこそ

これからの時代の理念・ビジョン経営です。

 

書籍購入はコチラ


記事一覧

無料相談 CONSULTATION

採用・育成など組織に関するお悩みをお持ちの方対象に
 無料にてご相談を承ります
ご相談はこちらから

無料相談